アナログ写真の保管に役立つアイテムとは?

アナログ写真を保管する際の注意点

デジタルカメラとは違い、フィルムを使用するカメラは基本的にプリントしないと写真を見ることはできません。フィルムからのアナログ写真は保管の仕方に注意が必要です。プリントした写真は年月とともに劣化してしまうので、色が変色したり悪くなってしまったりします。プリントした写真は温度や湿度に弱いのが特徴です。高温では写真が変質して退色を起こすことがあります。また写真は紙を使用しているので湿度が高いとカビが発生するケースもあります。日光や蛍光灯の光によって写真が曲がったり、色が変わってしまうこともあるので注意してください。

写真を保管する場合にはアルバムに入れたり、フォトフレームに入れたりするのが一般的です。どちらも高温多湿と直射日光を避けて保管するようにしましょう。

アナログ写真の便利な保管アイテム

保管が難しいアナログ写真ですが、その性質上時間による劣化を完全に防ぐことはできません。しかし、紫外線を避け湿度をコントロールできれば劣化のスピードをおさえることは可能です。写真用品で防湿庫またはドライボックスという保管アイテムが販売されています。防湿庫は庫内の湿度が表示されるので一目で確認できて便利です。注意点としては防湿庫は場所を取りますし、電源も必要になります。これに対してドライボックスは、乾燥剤を使用するタイプで電源は不使用です。電気代はかかりませんが定期的に乾燥剤を交換しなくてはいけません。うっかり交換を忘れてしまうと湿度が高くなってしまうこともあります。

その他の保管方法としては、アナログ写真をデータ化する方法がおすすめです。データとして写真を残せば、ディスプレイで写真を見ることもできます。写真専門店などでは、プリント写真からでもDVDにデータ化して保存するサービスがあり便利です。