データ形式で写真保存をするメリットとは

画質が劣化せず鮮明なまま

データ形式で写真を保存すると、基本的にはアナログに比べて劣化することが殆どありません。アナログ形式では経年劣化によって素材がもろくなってしまったり、コピーを繰り返す度にどんどん画質がぼやけていくなどの問題があります。そのためなるべく日光に当たらないような暗い場所に保管する必要もありますし、場合によってはカビが生えないように注意を払う必要もあるでしょう。データ形式であればそうした経年劣化によってデータが劣化することもなく、いつでも同じキレイな画質のまま保存し続ける事ができます。またデータ化すればクラウドストレージなどに保存することができるため、紛失や破損といったトラブルとも無縁になり、より確実で安全に保存する事ができるでしょう。

大量の写真を保存してもかさばらない

アナログだとどうしてもネガやプリントアウトした紙という形で保存する必要があり、何十枚と保存していると厚みや重さもかなりのものになってきます。そうなると持ち運びは大変ですし、保管にも場所を取ってしまうことになります。データであれば何百枚、何万枚の写真を保存したとしてもサイズはHDD1つ分なのでたいして場所を取りません。クラウドストレージに保存している場合であれば、そもそも家の中に保管場所を必要としないため全く場所を取りません。端末一つあればいつでも内容を確認できますし、現実の写真と違って大量の写真を一度に並べて目的の物を探すのも遥かに簡単にできてしまいます。データ化してあればテレビなどで写真の内容を見ることもできるため、思い出を振り返るのも気軽にできてしまうでしょう。