写真データの保存に適したメディアとは

スマホやデジカメならSDカード

写真データの保存に適したメディアとして、よく挙げられるのがSDカードです。スマホやデジタルカメラで扱えるメディアで、本体のスロットに挿入すれば、SDカードを保存先として指定できるようになります。写真撮影と同時に、画像データが直接SDカードに保存されます。わざわざユーザーが移動させる手間が省けますし、一枚のSDカードが満タンになっても、別の物に入れ替えればOKです。薄型で軽量なメディアなので、外出先でも使い勝手は良好です。用途と目的に合わせて保存するSDカード自体を使い分ける、という工夫が出来ます。世間的にも非常にメジャーなメディアなので選べる製品の種類が豊富です。身近なお店で市販されており、販売価格も安価なので、目的に合わせて複数のSDカードが無理なく購入可能です。

長期保存を意識するならHDDやDVD

大量の写真データを長期間にわたり安心して保存したい、そんな時はHDDやDVDがベストです。まずHDDですが、近ごろはUSBでパソコンやタブレット端末に接続して利用する、外付けハードディスクが人気です。他のメディアが数百GBなのに対して、最近の外付けハードディスクは数TB、圧倒的な大容量を誇ります。一般的なユーザーだと使いきれない程の大容量で、費用対効果は抜群です。

DVDに写真データを焼いて保存するのも良いアイデアです。DVDは耐用年数が安価なメディアの中では優秀であり、家電量販店やネット通販サイトなどでは数十枚から100枚単位でまとめ買いが出来ます。まとめ買いすれば単価がよりお買い得になりますし、高品質な日本製DVDも破格の値段でゲットできます。